商品撮影においては、背景にも気を配る必要があります。
もちろんあるシーンの中に商品を置いて撮影することもできますが、真っ白または様々なカラーの背景で撮影するのが基本です。
背景に余計な情報が入っていると、見た人の気が商品に集中できなくなります。
背景は、商品の邪魔をせず、商品画像を見た人の気が商品のみに向かうようなものである必要があります。
一番一般的なのは、白い背景紙を使う方法です。
背景に白い布を使うこともできますが、ある程度の大きさになるとシワが寄ってしまい、美しくないのが問題です。
小物の撮影であれば布でも問題ないでしょうか。
白い背景には、余計な視覚情報を排除して、見る人の視線を商品のみに集めることに加えて、照明の補助の役割もあります。
白い紙や布は光を反射するため。レフ板の効果もあるのです。すなわちある方向から当たった光を反射して、別方向からも商品に光を投射できるようになります。
光はあらゆる方向からまんべんなく商品に当たったほうがきれいな商品写真になりますので、この効果は見過ごせません。



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています