背景紙の選び方&おすすめランキング

商品撮影における背景の重要性は、非常に大きなものです。

機材の重要性は、背景>照明>デジカメであるといっても過言ではありません。

例えば以下の2枚の写真を比較してみてください。

写真1 写真2

いずれも室内の蛍光灯で撮った商品写真ですが背景の有り無しで大きくイメージが異なります。

背景が無い方は、室内の様子が写り込み、生活感丸出しの安っぽい出来となりました。

一方背景があると、商品以外に余計なものが写り込まず、
同じ場所で撮影したとは思えないほどイメージが違います。

しっかりした背景を用意するれば、商品写真の出来は格段に変わります。

背景には背景紙を使用するのが一般的です。

背景に白い布を使うこともできますが、
ある程度の大きさになるとシワが寄ってしまい、美しくないのが問題です。

第一位 撮影台ロングアウトレットバックペーパーSP 幅75cm~85cm

小物の撮影ならこの撮影台と背景紙で十分です。

台に乗るサイズ、重さの小物商品である必要がありますが、
ネットショップで販売されている商品の多くは、これで収まるサイズではないでしょうか。


第二位 レフ&バックペーパーキャッチャーアウトレットバックペーパーSP 幅130cm

台の上では撮影できないようなサイズの商品撮影には、
大型の背景紙と、それを固定するためのスタンドの2点を使用します。

こちらのスタンドは、三脚1本のタイプですが、結構な幅の背景紙まで保持できます。

小型の雑貨から、アパレルの撮影にまで幅広く使えます。


第三位 バックグラウンドサポート3×280アウトレットバックペーパーSP 幅2.7m

家具類など大型の商品の撮影には、非常に大きな背景紙が必要になります。

こちらの幅2.7メートルの背景紙なら、かなりの大型商品も撮影可能です。

また、この幅の背景紙を保持するためには、三脚2本構成の大型のスタンドが必要になります。







このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています