デジタルカメラの種類

一口にデジカメと言っても、コンデジ、デジタル一眼レフ、
ミラーレス一眼、高級コンデジなど、実に様々な種類があります。

もちろん高級なカメラを使って撮影をしたほうがきれいな写真が撮れるのは間違いありませんが、
やみくもに高いカメラを購入するば良いわけではありません。

むしろ、ライトや背景をしっかり用意して、適切な撮影方法をとれば、
安いコンデジでもそれなりにきれいな写真が撮影できます。



コンデジとは

コンデジとはコンパクトデジタルカメラのことで、
おなじみの手のひらに収まるコンパクトなデジカメです。

画質はそこそこですが、何よりも手軽に撮影できて、
値段も安いのでかつては主流でした。

最近は、携帯電話やスマホのカメラの性能が上がってきたため、
あえて別にカメラを持つ人が激減して、落ち目となっています。

お金に余裕がなければ、コンデジでも商品撮影はできますが、
できればミラーレス一眼以上を購入することが望ましいでしょう。



デジタル一眼レフカメラとは

デジタル一眼レフカメラとは、より大型で高画質なセンサーを搭載し、
レンズ交換も可能な本格的なデジタルカメラです。

最大の特徴はレフ板と呼ばれるミラーが入っていて、
レンズから入った像を反射してファインダーに表示することができる点です。

撮影時はシャッターを押すと同時にレフ板が持ち上がり、
レンズから入った像はレフ板の後ろにあるイメージセンサーへ投射されます。

高画質で、ボケ味も十分なため、商品撮影にも向いています。



ミラーレス一眼カメラとは

ミラーレス一眼カメラとは、デジタル一眼レフカメラからミラー(レフ板)を省いたカメラです。

レフ板が無いため、光学式のファインダーがなく、コンデジ同様にモニターを見ながら撮影します。

ファインダーがないため、レンズが交換できる点を除けば、コンデジと同じようなものです。

ただ、一般的に、コンデジよりは大型のセンサーが搭載されているため、
コンデジよりは画質が高いのが普通です。

レフ板など光学系のユニットが大幅に削減されたため、
ボディを大幅にコンパクトにできるようになりました。

}現在では、コンデジに匹敵するほど小さなミラーレス一眼も登場しています。

高画質で、ボケ味も十分なため、商品撮影にも向いています。



高級コンデジとは

コンデジの小さなボディに、デジタル一眼レフカメラ並みのセンサーや、
高性能のレンズを搭載したカメラです。

小さいボディにもかかわらず、デジタル一眼並みの高画質が得られたため、
近年人気が出てきています。

ただし、お値段もデジタル一眼レフなみで、レンズ交換はできません。

コンパクトで高画質が得られるため、旅行などで大きな荷物を持ちたくない場合には最適な選択ですが、
屋内で撮影し移動のない商品撮影にはあまりメリットがありません。

同じ値段を出すなら、同値段帯のデジタル一眼かミラーレス一眼を選ぶほうが、
高画質なものを購入できます。



ネットショップの商品撮影にはどのタイプのデジカメが必要なのだろうか

先述の通り、ライティングと背景とセッティングに気を配れば、
コンデジでもそれなりの商品写真が撮影できます。

デジカメにお金をかけるなら、ライトや背景にお金をかけたほうがよいでしょう。

それでも、先のことを考えれば、ある程度のレベルのデジカメを購入しておいたほうが後悔はないでしょう。

ある程度といっても、20万も30万もするカメラは必要ありません。

5万円以下のエントリーレベルのデジタル一眼レフカメラで十分でしょう。

もちろん、お金に余裕があれば、何十万もする高級カメラを購入したほうがよい写真が撮れるでしょう。

ただ、カメラやレンズは高いものを見始めるときりがありませんので、
とりあえずはエントリーモデルを購入しておくべきです。

ある程度、ネットショップで利益が出てから、高いものに買い替えましょう。

再三申し上げている通り、お金に余裕がなければ、1万円台のコンデジでも、
ある程度見れる商品写真を撮ることは可能です。

ただ、ボケ味のある立体的な商品写真を撮ろうとすると、一眼に軍配が上がります。

ボケのきいた立体的な写真になると、特に食品などは大幅に見栄えが変わってきます。

ミラーレス一眼のエントリー機であれば、3万円程度で購入できますので、
こうしたものを購入しておいたほうが絶対に良い結果になると思いますよ。







このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています